※今回は、これから営業職就職する新卒の人はじめて営業職に転職する人、いま営業しているけど営業に苦手意識がある人営業で伸び悩み中の人向け記事です※

はじめて営業職を経験する人にとって営業職は難易度が高い職種に思えます。

それは

 ①成果を求められ営業結果で評価される
 ②結果はお客さん他人様次第という不確定要素

といったところでしょうか。

営業職に不安を感じている人や営業職になりたてで閉塞感を感じている人は、今回紹介する3つの営業基礎を「意識して」毎日の業務に取り組めば、営業の難易度は相対的に下がっていき成果が出るようになります。

成果がでるようになってくると自由度が高い営業を存分に楽しめるようになりますよ。

営業をイージーモードにしよう


営業をイージーモード化する3つの基礎は、資格を取得するといった努力はいらずただ知って業務中に意識するだけでいいのでぜひ読んでみてください。




営業基礎① ビジネスマナー

まず一番目の基礎「ビジネスマナー」
なぜビジネスマナーは営業にとって大切なんでしょうか?

なんだかマナーって面倒臭いイメージがありますよね。
当初、管理人も
「マナーとかって何かワクワクしないし、めんどくさいな」
と敬遠していました。

しかし、あるきっかけでビジネスマナーを勉強しました。
すると、すごく営業が楽になりました。
早く勉強しておけば良かったと後悔さえしました。
ビジネスマナーを習得しないのは損です。

なぜなら

  • 一度知ってしまえば良く、習得後はストレスが大幅に減る
  • 社会的地位のある人ほど、資産がある人ほどビジネスマナーを習得している
  • マナーに乗せて心使いが可能となる
といった感じです。

礼儀やマナーといったものは、相手に失礼がないようお付き合いしていく日本社会共通ルールです。
スポーツもルールがあるがゆえに面白いものになっています。
それはビジネスもしかり。
ビジネスマナーがあるからこそ、お客さんとやり取りが楽しめます。
まぁ、ゲーム感覚で取り組みましょう。



では、どうすればビジネスマナーを習得できるか?

Amazonでビジネスマナー本を1~3冊買って流し読みしましょう。
放り投げで恐縮ですが、流し読みで自分自身にダウンロードする感覚で十分です。
サラッと数冊読んでみてください。




営業基礎② 商品知識・業界知識

次は、自分が取り扱う商品知識・業界知識をダウンロードしましょう。
提案する商品やその周辺知識が多ければ多いほどお客さんの安心感、あなたへの信頼につながりやすいです。



コツとしては3つ
  • 疑問を持ったことは即検索する&人に質問する
  • 知識だけでも会社で上位クラスにランクインするぞとの気位をもつ
  • 知識習得は自分、お客さん、社会貢献のため(目的意識をもつ)


経験ではかなわない先輩や上司にもまず勝てるところです。
日々の業務の中で少しずつ知識を消化し身につけましょう。
続けていけば点と点が繋がっていき相乗的に知識は増えていくでしょう。



自分の業界と関連する業界だけでも業界地図で目を通してみてください。
発見と驚きがあります。
そして何より世界での現在の日本の立ち位置がわかってしまいます。
俯瞰的な眼もできてくるはずです。



※追記※
kindle unlimitedでも業界地図が登場しました。
すでに契約している人は¥0で読めます。
まだ利用していない人は、初回30日間無料なのでタダ読みしましょう!



営業基礎③ お客さん

社会のルールであるビジネスマナー。
信頼関係を結びやすくし効果的な提案を助ける知識。
最後に、お客さんのことを知っていきましょう。

これが実は最も重要な基礎、かつ結構抜けやすい点です。
意外と多くの営業マンが建前だけ「お客さんのため」と言いつつ、お客さんの背景や心を無視して自分が売りたい商品を提案しています。

それがチャンスでもあります。
あなたは「お客さんのこと」を理解してあげましょう。

  • どういう人なの?
  • 何が好き?何が嫌い?
  • 何に悩んでいる?
  • 何を希望している?

から入りましょう。



法人相手なら

  • どういう会社なの?
  • 何を目指しているの?
  • 競合他社はどこだろう?
  • どんな企業活動をしているの?
  • 悩みは何だろう?私に解決できることはある?
  • 喜ぶサービスや商品はなんだろう?

です。

インターネットで検索できることは検索してみましょう。

訪問時にインターネットで調べて興味があったことは聞いてみましょう。
お客さんは「へぇ。うちのこと調べてくれてるんだ」と喜ばれることでしょう。
お客さんの情報も知れ、喜んで貰え、お客さんに合った効果的な提案に繋がる、一石三鳥です。
お客さんのことを知る、このひと手間は質の良い料理のように繊細さと高品質を生み出します。


繰り返し
努力不要。力みのない試行錯誤が精度を上げる。


まとめ

いかがでしたか?
今回は「営業をイージーモード化する3つの基礎」を紹介しました。
お客さんが最低限求めているラインともいえる「3つの基礎」
ただ意外と基礎ができている人もそう多くはありません。
そこが狙い目です。



あなたは無理して努力する必要もなく、毎日の業務の中で少し意識して一つ一つを誠実にやる程度でどんどん「知識」「実力」「信頼」「実績」「自信」が順についてきます。

気楽に気長にやっていきましょう。



※ひとつひとつやることに
「あぁ。俺はこれをやることでイージーモード化している」
という情報を行為に紐付けてみましょう。効果抜群です※



いまは営業で活躍するイメージが描けなくても、この記事を読んだあなたは徐々に営業で仕事で人生で活躍していくことでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。
健闘を祈っています。


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村
押してもらえると励みになります↑(^^)↑