営業での不安


(2020年7月25日更新)
営業に関してこんな不安はないでしょうか?

  • これから就職や転職で営業になるけど不安
  • なかなか営業の結果出ず不安
  • ノルマ達成できるかどうか不安
  • 営業は人員の替えがきくから将来が不安

これらの不安は

①結果が求められ
②お客さん次第(本当は少し異なりますが)

の不確定要素が原因です。



今回はこんな営業に関する不安を解消し、自分自身で営業職を活かす方法をお伝えします。
まず不安は横に置き、営業職そのものにフォーカスしましょう。
メリット・デメリットをハッキリさせ、営業職のメリットを自分自身で積極的に取りにいきましょう。

仕事をするのは会社のためでも上司のためでもありません。
ライバル同僚やマウント取ってくる生意気な後輩をギャフンと言わせるためでもありません。
自分とお客さんの心地良さのためです。
たぶん。

では、さっそく営業職をライトアップをしていきましょう!


メリット

まず営業のメリットを挙げてみましょう。
  1. 独立も視野に入る
  2. 信頼・信用の積み重ねを練習できる
  3. ファンができる
  4. 好きな仲間とチームを編成できる
  5. 失敗ができる
  6. 問題解決能力がつく
  7. 共感力・ヒアリング力がつく
  8. 対人能力が上がる
  9. 本質を見る力がつく
  10. 成果報酬があれば仕事と収入の好循環へ


1.独立も視野に入る
営業職は「経営者目線アビリティ」が手に入り、将来独立できる可能性が大きい職種です。営業の特徴は目的に対してどんなアプローチをするか自分で判断することが多い点です。良くも悪くも自分次第。判断の連続とそれに伴う責任を引き受けることが成長に繋がります。あくまで業務はこなしてはいますが、会社のためでなく自分の将来のために判断と責任を引き受けていくという姿勢だと楽しくなっていきます。



2.信頼関係の積み重ねを練習できる
営業職は人と関わることが多い職種です。こちらの言動次第で「信用」「不信」が作れます。どういった言動で信頼・信用は上下するのか身をもって体感できます。多くの人は将来の不安を消すためにお金を貯めようとします。本質的な信頼関係や信用を構築していけばお金とは別の安心感も手に入るかもしれません。そういった選択肢を与えてくれるきっかけも営業職はつくってくれます。



3.ファンができる
2の信頼関係と被りますが、信用の積み重ねの結果です。SNSのファンと違い、リアルなあなたをお客さんがみて、信用し、応援してくれるファンです。とても有難い経験です。これも高まれば1の独立も視野に入ってきます。



4.好きな仲間とチームを編成できる
目指す方向性が一致すれば社外の人と仲間になれるチャンスがあります。職種が異なるプロと組むことが可能です。幅広い知識も取得でき、お客さんからの信頼もグッと高まります。



5.失敗ができる
営業はミニ経営者的な経験ができます。しかもほぼリスクなしです。失敗しても社内評価が減るくらいでしょうか。どんどん自分のやりたい営業をやっていきましょう。攻めは防御も兼ねます。



6.自分でスケジュール管理できる
7.問題解決力がつく
8.共感力・ヒアリング力がつく
9.対人能力がつく
10.本質を見る力がつく
11.成果報酬があれば仕事と収入の好循環へ

6は会社によります。
7~11は営業マン本人によります。
目的意識を持っていない人はそれほどこのメリットを活かしていない人もいます。
これを読んだあなたは意識して業務に取り組んでみてください。
意識するだけで向上するので大丈夫です。
11はあくまで結果でしかありませんのでラッキーくらいの感覚が吉です。

メリット
メリット ザクザク 

デメリット

では次に営業のデメリットです。
  • ノルマがある
  • 時間外労働・休日出勤があることもある
  • 社内の嫉妬、足引っ張り
  • 胡散臭い人もいる(負の営業マン)
  • 上にいかないと早期退職要因
会社にもよりますがこんなところでしょうか。
営業職でなくてもこんな環境の会社はありそうです



デメリット
不安やデメリットの正体はおおよそこんな感じ



メリットにフォーカスしよう

もう一度営業職のメリットを思い出してみてください。
  1. 独立も視野に入る
  2. 信頼・信用の積み重ねを練習できる
  3. ファンができる
  4. 好きな仲間とチームを編成できる
  5. 失敗ができる
  6. 自分でスケジュール管理できる
  7. 問題解決能力がつく
  8. 共感力・ヒアリング力がつく
  9. 対人能力が上がる
  10. 本質を見る力がつく
  11. 成果報酬があれば仕事と収入の好循環へ
営業のデメリットは、会社によっては営業職でなくてもありうるデメリットでした。
では積極的に営業のメリットにフォーカスしましょう。



まとめ

いかがでしたか?
今回は「営業の不安を解消する方法」を紹介しました。
より具体的な行動はないの~?と思われたかもしれません。
でも、そこは大丈夫です!(え?なにが??)

あなたは営業のメリットを知りました。
あとはその良い点に集中すればいいだけです。
その状態は、漫然と不安を抱えている状態と姿勢が全く異なります。

物事は姿勢次第、心しだいの側面が大いにあるので現実は好転していくでしょう。
ぜひ活用してみてください。
応援しています!



営業のメリットを知り実行




にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
 ↑ 押してもらえると励みになります。