淡々営業 楽々人生のコツ 社交的でなくてもうまくいく! 

現役内気営業マンが「社交的でないのはそのまま 自然とうまくいく営業(接客)」手法を紹介します。 また修羅職場を何度も生き抜いた経験をもとに、世の中の陰湿な職場でのつらい経験を減らすため「職場の悩み」「自然にうまくいく思考法・手法」も紹介します。

2020年10月


(2020年10月18日更新)
  • なぜかやることなすこと裏目に出てしまいうまくいかない
  • ここ最近、なぜか失敗ばかりで困っている
  • うっかり約束を忘れて大失敗してしまった
  • 頭の中がごちゃごちゃしていてスッキリしない
  • 休日もなんとなく楽しめない
このような悩みがある人に向けて記事を書いています。



人生の余裕を作るコツ メモする習慣を作ろう
余裕が必要なのは分かるけど…



なぜかうまくいかない時によく効きます
モヤモヤ、ごちゃごちゃスッキリ解決できる秘訣があります。

ネタバレでずばり言ってしまえば、メモをすることです。

紙とペンがあればいつでもどこでもでき、効果は驚く程あります。

では具体的に見ていきましょう!



メモをしないと…
かく言う管理人も以前はメモを取っていませんでした。

その頃の私は

 ・お客さんや上司との約束をうっかり忘れる
 ・優先順位をつけれず仕事が遅いし、正確性に欠ける
 ・同じミスを何回も繰り返す
 ・常に頭がデータで圧迫され、反応が遅い
 ・感情に支配され超短期的視点
 
でした。

ただでさえデータがいっぱいでうまくいっていないのに、上司から叱られ精神的にも圧迫されていました。そしてさらにミスを重ねる→怒られる→ミスという負のスパイラルに陥っていました。

そんな状況を変えていったのがメモの習慣化でした。

どんなことも紙に書き、客観視し、一個ずつ改善、一個ずつ終わらせるということをコツコツしていきました。

メモの習慣が完全についた今では「自然とうまくいく正のスパイラル」に乗って仕事と営業を楽しんでいます。



営業(仕事全般)でメモをオススメする理由4つ
営業でのメモの効用は4つです。

 1.TODOリストで脳の回転が良くなる
 2.クロージングの質がどんどん向上していく
 3.モチベーションが上がる&楽しい気分
 4.悩みや苦しみ、妄想を即座に捨て去れる




メモの活用で超余裕じゃーん
メモ活用で超余裕じゃーん



1.TODOリストで頭の回転が良くなる
やるべきことをTODOリスト化しない場合、重要であればあるほど「Aをしなくちゃ」を頭の中でリピートすることになります。

覚えておく努力をずっと無意識でしています。

無意識な努力、無駄な努力をする代わりに、「〇〇する」とメモをしましょう。

TODOリスト化することで、頭の中からやるべきことを忘れていい状態になります。

余分なデータを削除し軽くなった感じですね。

軽くなった分、頭の回転が良くなります。

クールになり本来の力を発揮できる状態になります。



2.クロージングの質がどんどん向上していく
お客さんとのクロージングでもメモは大活躍します。

 ・お客さんからの宿題や約束のデータ保存
 ・新しい情報のデータ保存
 ・向き合う姿勢が自然とできる
 ・メモをとりながら話を聴くことでお客さんも嬉しい
 ・次回以降のクロージングの質の向上に

メモなしだと「思い出す」「本当に重要なことは思い出した分だけでよかったか不安になりながら仕事」をした挙句、結果やはり抜けていた点があり、お客さんにしてみれば「ちゃんと言ったのにしていない」と信頼を落とす確率が高くなります。

営業でメモを活用すれば、話を聴きながら自動でメモをとり、メモに書いてあるやるべきことを自動でやります。

課題と改善点もメモに書いてあるから自動で修正します。

結果、やるべきことをしているのでお客さんや上司から信頼されるようになります。

信頼があると次の仕事が来て信頼が高まるチャンスが来ます。

お客さんから紹介も貰えるようになります。

メモをしないことに比べればすごく楽です。

自然とうまくいきます。



メモの魔術 メモをするとうまくいくわけ
メモは潜在意識とのやり取り



3.モチベーションがあがる&楽しい気分になる
メモは簡単にやる気をだしてくれます。

  • 良くない現状もメモ化して顕在化し把握
  • 自分の気持ちも偽りなくメモ化言語化で把握
  • 現状をどうしたいのか明確化
  • 改善点をあげ実行する。
この一連の流れで、在りたい姿とやることに集中できます。

モチベーションを上げてくれます。




裏技ですが、感謝できることをメモすることもオススメです。

こちらは現状に不満がある時ほど効果的です。

感謝=幸せですので「幸せになりたくて努力する」ということをしなくても良くなります。

安心できる貯金額がなくても、理想の自分でなくても、今すぐ幸せの中に居れます。



※4つめの「悩みや苦しみ、妄想を即座に捨てれるようになる」は以下の記事で※




にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加


(2020年10月12日更新)
  • 営業がつらい!辞めたいけど辞めれない。
  • 営業がつらい理由が知りたい。
  • 営業でスランプ中。乗り越える方法を探している。
などの悩み苦しみを抱えている人に向けて書いています。



グーグルの検索窓に「営業」と入れたら即「営業 つらい」というキーワードが出てきます。
それほど、世の中には営業をつらいと感じている人が多いのでしょう。
今回は、そんなつらい営業がグッと楽しくなる方法を紹介します。

営業での不安緊張に役立つおまじない うまくいく
記事内容と関係ありません 管理人の趣味です




なぜ営業はつらいのか?

そもそも「なぜ」営業がつらいんでしょうか?

おそらく人に働き掛ける仕事で
人(お客さん)の反応次第で成績結果が良くも悪くもなる
成績の為にとお客さんの機嫌を取るとクタクタになる
という人次第の不確定要素+気苦労が大きいからだと思います。

営業つらい = ①他人の反応次第(不確定要素) +②他人の機嫌を取る 



解決その1 つらい営業を軽くする言葉

人に働き掛ける仕事で、お客さんの反応次第ということから、お客さんに好かれた方が仕事はやりやすくなることはある意味正しいでしょう。ただ、そのことから「お客さんに好かれなくては」というルールを自ら作っている人は営業がつらそうに見えます。

管理人は、「お客さんに好かれたい」と思いません。「気が利くねぇ」などと思われる気はサラサラありません。自分の心地よさと目的達成(お客さんの希望を叶える&問題を解決する)全振りスタイルです。それでも楽しく営業でき、そこそこうまくいっています。

ここから何が言えるのでしょうか?
そう

営業は別にお客さんから好かれる必要はない

ということです。

もちろん、こちらがお客さんを好きになればそれはそれで仕事は楽しいし
お客さんも私を好きになってくれればそれはそれで嬉しいよ


モテる女子が言い放ちそうな補足もあればなお余裕がでます。



例を挙げると

ラーメンを求めてラーメン屋に入ります。
普通の店主が美味しいラーメンを提供してくれます。
美味しいラーメンに大満足でお金を払い家に帰ります。
こちらは店にラーメンを求めています。
過度な営業スマイルやおべっかやお辞儀は求めていないので
普通にしてくれていれば問題ありません。
こちらも店主と仲良くなるつもりもありません。

例終わり。



営業は

■「理解と共感」
■「希望を叶える」「問題を解決する」

をするのが仕事です。
それ以外は普通のあなたでいいんです。

勘違いしたお客さんで営業に「ご機嫌取り」や「奴隷」を求める人もいるかもしれませんが、応える必要はありません。そんなお客さんには嫌われて全然オッケー。ハッキリとそういうのを提供する所に行ってくださいねと言いましょう。

人と接する仕事だけど 別に好かれる必要はない
いろんな人と会う仕事だから将来、伴侶や仲間や師匠と出会えるチャンスあり


さぁ。
この言葉をひとりボソボソ呟き「営業つらい」原因②他人の機嫌を取るを捨てましょう。
そしてついでに仕事ができない上司への機嫌取りもやめちゃいましょう(上司とばっちり笑)

営業が楽になるおまじない
by ダン・シャーリー

解決その2 自分のおまじないを作ろう

「営業つらい」の原因の一つ他人への気苦労は「好かれる必要はない」の言葉で軽くなりました。
ではもう一つの「営業つらい」の原因である他人次第という不確定要素を軽くしましょう。

解決する手掛かりは、自分のおまじないを作るです。



管理人のおまじないです。
  • 調子を上げるおまじない 仕事中15分昼寝する
  • スランプ脱出おまじない 休みはガーデニングをして植物と土いじり
  • 元気出すおまじない 出勤時だけは大きな声で「おはようございます!」
どうでしょうか。



因果関係まったくわからないでしょう(笑)
ただ管理人の中では

 A をすれば B が良くなる

の公式が成り立っています。

自分自身の心や身体と相談しながら、やってみて良かったことをおまじない採用。
未完成のおまじないを試行錯誤して改良改善を重ねます。
試行錯誤と改良改善を重ねた「因果関係を超えた」私なりのおまじない。
私には効果抜群です。

では、なぜおまじないを自分で作ることが「営業つらい」を解決するのか?

他人の不確定要素に巻き込まれるのではなく
こちらの良くわからないおまじない効果にする


「他人次第という他人メイン」ではなく「私のおまじない次第という私メイン」にするのです。
またハンター×ハンター的に言えば、念能力を作り出すには容量を食いますが
おまじない(儀式行動)なので容量はほぼ食いません。
しかも自分の精神身体と相談するので自分との親和性も高まります。



これで「営業つらい」のもう一つの原因、他人次第という不確定要素に振り回されることはなくなります。

孫の正義
やらなきゃ孫(損)の正義です


まとめ

営業つらい = 好かれなくてはいけない + 他人次第

から

好かれなくてもいい + 自分次第 ⇒ 営業は楽しい

へ概念の書き換えでオッケーという感じです。
自分のおまじないの精度を上げてていく中で気づきますが
営業の仕事もおまじないの昇華も本質は同じなんですね。
お客さんの悩み叶えたい希望を理解し、どうやれば効果がでるか?試行錯誤する。
おまじない昇華を繰り返すうちに自然と営業もうまくいくようになるはずです。
試行錯誤を楽しむ遊びです。

今回は 脱!営業つらい 一瞬で営業がグッと楽になる方法を紹介しました。
俺の中の3万人が実感したようにあなたもこの方法で営業が楽になり楽しめるようになると思います。
またこの書き換えは人生のいろんなシーンで応用が利きます。是非試してみてくださいね。





会社辞める前に
いつも君の心地よさを最優先しょう


※関連記事です※




にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

(2020年10月12日更新)
  • 営業でのコツをつかみたい
  • 営業本、心理学を何冊も読んだが、うまくいかず辛い
  • 営業で成績を出すため心理学を!と思うけど、なんだか抵抗がある
こんな悩みや想いを抱えた人向けに記事を書いています。


脱テクニック




営業テクニック、心理テクニックは捨てるとうまくいく?
本屋へ行けば「営業の技術」「心理テクニック」なる本が溢れています。
ひどいものになると相手を意のままに操るなんてのがサブタイトルとしてあったり。

もちろん営業(数字)に有効なものはあるでしょう。
ただ管理人は営業テクニックは全捨てしています。



「想い」は技術、雰囲気となる
私が技術を捨てている大きな理由に同僚くんの存在があります。

同僚くんはテクニック派。
爽やかなスマイル。
上手な相槌。
盛り上がる話法、飴と鞭、貶し後の褒めなどなど。
よくテクニックを勉強しています。

ただ残念なことに、同僚君とのやりとりは絶望的に面白くない。
虚しい。
心を感じない。

それはどうしてか?

それら心理的な技術が「自分の思い通りにしたい」「自分が~」という想いからはじまっているからだと管理人は考えます。



こういうのは雰囲気でわかってしまうものです。
雰囲気に「小賢しい」「怪しい」「胡散臭い」オーラが出ている感じがします。
いくら誠実な姿勢を出したところで、なぜか信用できないんだよねとなります。

また同僚くんの目的は「自分のため」で、相手は自分の口車に「のった」「騙された」のであり一歩間違えば「騙されるほうが悪い」とういう詐欺師のようになります。

※セックスするのが目的のナンパ野郎に対するひがみの様なものかもしれません(笑)※


ホントは
セックス目的のナンパ師、それはそれでリスペクトしてるニャー


良い想いを持とう
それとは対極的に

 「お客さんが〇〇を導入すると儲かるから提案したい」 
 「良い商品だから伝えてみたい」
 「どうすれば伝わるか?」
 「どうすれば相手の悩みの解決に結びつくか?」
 「どうすれば安心出来る雰囲気でお互い話せるか?」
          ↓
 「技術にたどり着く。生み出す」ことになります。

この場合、本など読まなくてもどんどん優れた技術を発見し改善していくことが想像できます。
そして相手ありきなのでハマれば相手も喜んでくれます。

 「相手が喜ぶことで私も楽しみたい」
          ↓
 「自ら目的にかなった&編み出した技術でお互い心地よい状態へ」



営業の本質に沿っていこう
「相手を意のままに操り成約に繋げよう。他人はどうでも、自分が得すれば良い」という想いは超短期的で営業の本質、目的から離れていることは明白です。
短期で成績は残せても長期では破綻するでしょう。
邪道のゴールは破綻です。
セックスはできてもオナニープレイで関係破綻。

逆に「相手のメリットになるかも知れないことをどうやって相手に伝えようか?」という正しい想いは長期的で良い関係やリピートを作る可能性があります。
王道のゴールは繁栄です。
長期的な関係が築ける。
結婚→子孫繁栄。



まとめ
ではこの記事のまとめです。

テクニックはやっぱり要りません。
目的ありき
相手の立場に立ち、役立つ情報を提供しましょう。
とことん目の前のお客様のニーズに寄り添いましょう。
すべては後からついてきます。
知識も技術も信用も数字もついてきます。



  • 営業でのコツをつかみたい ←目の前のお客様がヒントをくれます。お客様に集中しましょう。
  • 営業本、心理学を何冊も読んだが、うまくいかず辛い ←小手先の技より想いを正しましょう。
  • 営業で成績を出すため心理学を!と思うけど、なんだか抵抗がある ←正解です。防御策として学ぶのは大賛成です。



どうしても人を操りたい衝動に駆られるあなたへ

これを読んで苦しみとは何かを知りましょう。
きっともっと楽に生きれますよ。


調和


※関連記事です※






にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ