(2020年9月5日更新)
  • 営業に苦手意識がありできそうにない…
  • お客様の反応が気になり商談が怖い…
  • とにかく営業に関する外回り、新規、テレアポ、電話、上司の詰めが怖い…
このような悩みや苦しみを抱えている方に向けて記事を書いています。

営業こわいを簡単に解決!

内向的で社交的ではない管理人も営業をはじめて2年程「営業が怖い」で深刻に悩んでいました。

悩みを抱えたままやっているうちに「営業がこわい」原因と対策に気が付き、今も内向的で対人恐怖症気味ですが、それでも営業の仕事をそこそこに(結果もそこそこ出て)楽しんでいます。

決して社交的な人のように「営業って超楽しい!営業の神様イェーイ」という感じではありません。

(社交的な人への偏見がひどすぎ 笑)

ただそこに恐怖感はありません。
その心境を例えていえば皿を洗う感じです。
そう。やるべきことを淡々とやるという感じです。

では、営業の恐怖感をゼロにして、皿洗い感覚で営業ができるようになるコツを紹介します。
またここで紹介するコツは対人恐怖症にも使えるコツです。
参考にしてみてください。



内容
①幽霊の正体を知ろう
②営業こわいの正体
③克服する簡単なコツ



①幽霊の正体を知ろう
ことわざに「幽霊の正体見たり枯れ尾花」というのがあります。

幽霊だと思って恐れていたものが、よくたら枯れたススキの穂だったという意味。 疑心暗鬼で物事を見ると、悪いほうに想像が膨らみ、ありもしないことに恐れるようになるということ。

営業がこわいと感じている人は「自分の心」「営業という仕事」と向き合ってみましょう。



②営業こわいの正体
管理人も営業への恐怖に苦しんでいた時、ふと限界に達し
「あれ?そもそもなんでこんなに怖いのだろう」
と冷静になりました。

メモ癖がある管理人は、ノートに苦しみの原因である恐怖を書き留めました。


  • 嫌われるのが怖い
  • 拒否されるのが怖い
  • 失敗し叱責されるのが怖い
  • 失敗し笑われるのが怖い
  • 無能な奴だと思われるのが怖い
ざっとこんな感じでした。



「お客様から」「会社、上司、同僚から」悪い評価、悪い評判を恐れていました
また同時に、お客様や会社上司同僚から認めてほしい、評価してほしいと切に願っていました

もっと端的に言うなら
私に対し他者が悪い評価をするのが怖い
というのが恐怖の正体でした。

営業こわいの正体は?


③克服する簡単なコツ
核心に迫ってきましたので2つの克服のコツへ進みます。



▼恐怖の克服
まず、恐怖の正体は「他者からの悪い評価」でした。

生きている以上、他者からの評価は避けられません。
良い評価もありがたいことに同じく避けられません。

赤の他人は良くも悪くも好き放題言います
その事実を受け止めましょう。

良い評価にせよ、悪い評価にせよ、「どうもどうも」くらいに受け止めればオッケー。
改善のヒントをくれた人には「ありがとうございます」を忘れずに。



▼失敗の克服
次に、恐怖の引き金になりやすい失敗について。
失敗とは何でしょうか?
  • 成功しないこと
  • 予想された結果に届かないこと
これ(失敗)って大小の差はあれ日常茶飯事です。

例えば
  • 受験に失敗した
  • 投資に手を出し大損こいた
  • 大好きだった異性に告白し振られた
  • 課金ガチャを回したら要らないやつが出た
  • 信号を渡ろうとしたら赤になって足止めされた
これらは「あってはならないこと」ではなく
  • ありふれたこと
  • 確率的によくあること
  • 生きていれば自然なよくあること
私達が一方的に嫌だなぁと意味づけしているだけのようです。



▼実際に大失敗したら
大失敗も「ままあること」なので「自己否定」することはないと思います。
例え上司や会社がどう言おうとです。
確率的によくある失敗なら、もうしょうがねぇやと良い意味で諦めましょう。

さっさと過ぎたことは本来望む成功の為の材料にしましょう
失敗は成功の材料です。
成功を手中に収めるために動きましょう。

大失敗は精神的にきますが、やはりありうること。
確率的にもしょうがないことかもしれません。
よく休み、心身共に充電し、心の痛みも共感してあげたうえで、やはり成功のネタにしましょう。

営業で失敗が怖くなったら読む記事


▼失敗→成功の材料→試行錯誤で改善→成功
こう考えるといちいちクドクド言ってくる他人が自然と視野の外になるのはご理解いただけると思います。
 
営業の本質は価値の提供です。
あくまでお客さんに会うのは、いい情報や役に立つサービスの案内であり、好かれる嫌われるという問題ではないのです。

仮にお客様から嫌われても、営業の本質やマナーをしっかり押さえた上なら「しょうがない」とスルーし次にいきましょう(大都会東京のナンパ師のように)
  • あくまで目的は何か?
  • やるべきことは何か?
に集中しましょう。

営業こわいを克服する簡単なコツ
集中すべきは他人の評価じゃないはず…


まとめ
営業が怖いというは以下の流れで解決できます。
  1. 営業がこわい理由を見つめる
  2. 他人からの評価は有難く受け取る
  3. 評価も失敗も成功の材料扱いする
  4. 材料を活かして成功へ到達するために試行錯誤を重ねる
ぜひ参考にしてみてくださいね。
あなたが楽しい時間をもっと過ごせますように祈っています。



▼それでも評価や嫌われることが怖いなら




をオススメします。



自分は自分。他人は他人。
あなたなりの主体性をもって人生を送れるようになることでしょう。







にほんブログ村 経営ブログ 営業へ
にほんブログ村